観音堂祭り(馬場)4月18日




 馬場の円通閣に祭られている観音様は、十一面観音様です。頭上にある十一の色々な顔は、私達を起こってくれたり、諭してくれたり、なだめてくれたりしてくれます。
馬場では古くから念仏講が行われ、ここ百観音堂に集まり、念仏を唱えた者には紅白の幣束を授けていました。百観音と呼ばれるように、江戸時代には村中から百体もの観音様が寄付されていました。現在は72対の観音様が残されています。お蚕の神様とも言われ、五穀豊穣をお願いしました。現在では地区の人々でお祭りが行われます。