ことはじめ (神地)2月8日




二月八日を「コト始め」といいます。二月は、一年の農作業や山仕事の開始の時だとする考えです。針供養のお祭りともいわれ、江戸時代初期に始まったとされています。豆腐やこんにゃくに折れた針を感謝しながらさし、また裁縫の上達を願います。ツガの枝を玄関にさしたりもします。神地地区では子ノ神社にお参りし、集会を行い、一年間の決め事を話し合います。



集会





神地地区では子ノ神社