道志川



道志川は明治時代から横浜水道の水源地です。明治30年から横浜の清流は、その昔「赤道を越えても腐らない」と船乗りから賞賛されてきました。「道志川」のきれいな水は、鮑子取水ぜきで取水し、青山沈でん池を経てトンネルによって、自然の高低差で遠く横浜まで運ばれ貴重な水として利用されています。