大室指お道祖神群




道祖神とは路傍の神様であると言われています。また野仏とも呼ばれます。主に村や集落の境目や村の中心の道に祀られています。村落の守り神や子孫繁栄、また近年では旅や交通安全の神としも信じられています。

大室指には、野仏の石像が百体以上、村の路傍に祀られています。昔から道志村の人たちの信仰を受けてきたと考えられています。
(写真 道志七里物語より)