道志菜



月夜野地区では昔からかき菜の一種「道志菜」が秋から初夏まで作られています。井沢晴男さんが長年種を保存、作り続けています。独特の葉の縮れが特徴で、おひたし、油炒めや漬け物として親しまれています。