しめ縄つくり



 


しめ縄は神さまのいる聖なる世界と下界を区別するための印しです。神社の周りや、日本の正月や家々の門、玄関を飾るしめ縄飾りです。縄の材料は刈りとって干した稲わら。これは稲作文化とかかわり深い風習で、新年を祝った後どんど焼きで燃やします。