甲州裏街道


武蔵国(現・東京都府中)は、江戸時代に甲州街道が整備されるまで、甲斐国(現・山梨県)に行き来できない状態でした。その際使用されたのが、青梅から和田峠、そして大菩薩峠を経由して塩山に至る「甲州裏街道」でした。途中の大菩薩峠は進路を阻む難所で、現在ではハイキングコースになっています。