神地神楽



神地地区でも、五穀豊穣、家内安全を祈って、子供神輿やお神楽が奉納されてきました。神楽舞いも「しんびょうし」と「やぐるま」があります。例えば「下がり端」は二人の舞いで、「弊の舞い」は一人で幣束を持って、「剣の舞い」は文字どおり二本の剣を持って踊ります。