試し切り石と兜岩



 
伝えによれば源頼朝は、富士の巻狩りの帰りに道志谷に入ったと言われています。道志川の上流の長又で武道鍛錬に時間を費やした頼朝は、所持していた名刀を研ぎ澄まし、近くにあった石を切りつけたところ、二つに切り裂かれました。これが「試し切り石」といわれ、石英閃緑岩というみかげ石でできています。横386cm、高さ115cmの二つに分かれた大きな石です。
 また、この手前に頼朝が休んだというカブトに似た「兜岩」があります。



兜岩