源 頼朝伝説



源頼朝は、平安時代末期から鎌倉時代初期の武将・政治家であり、鎌倉幕府の初代征夷大将軍でした。その頼朝が1193年3月から5月にかけ、富士のふもとで大規模な巻狩りを行いました。この帰りに道志に寄り、様々な伝説を残しています。

 ・足型石
 ・馬蹄石
 ・馬乗石
 ・試し石
 ・やぐら沢の的場と宿
 ・試し切り石と兜岩
 ・的様伝説
 ・頼朝の豪弓