おこもり(下善之木)12月8日




 善之木地区では神仏に祈願する期間、神社、仏事にこもること(おこもり)をします。昔から穀物の収穫が終わった晩秋に、五穀豊穣への感謝をささげながら、こもる風習です。
 いまでも、12月8日に神社の敷地で、ご馳走をもちより祝宴をするおこもりが続いています。